2007年03月26日

日本企業のCSR活動の現状と今後の課題

  小本 恵照

企業経営・産業政策 環境経営・CSR などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

今年1月に実施したニッセイ景況アンケートによると、57%の企業がCSRを意識した取組を行っている。取組み内容では、「法令遵守」「環境への配慮」が圧倒的に多く、取組開始時期は3年以内という企業が多い。
自社のCSR活動に満足している企業は35%であり、「予算・人員」などの面で不満が見られる。CSRに配慮した金融のあり方などについては、全企業の45%が関心を持っている。
また、84%もの企業が、今後CSRの取組みが企業評価上重要な指標になると考えている。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本企業のCSR活動の現状と今後の課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本企業のCSR活動の現状と今後の課題のレポート Topへ