2007年02月26日

401(k)プランと行動ファイナンス

  臼杵 政治

文字サイズ

発足から25年を経た米国の確定拠出年金401(k)プランにおいては、加入や掛金率あるいは商品選択の意志決定が合理的でないことが明らかになりつつある。投資教育によっても改善されない、こうした行動を解明してきたのが行動ファイナンスの研究である。2006年年金保護法における自動加入やデフォルト商品の規定の背景には、この分野の研究成果があり、日本への示唆も決して小さくない。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【401(k)プランと行動ファイナンス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

401(k)プランと行動ファイナンスのレポート Topへ