2007年02月01日

JREITのアクティブ運用のパフォーマンス

金融研究部 主任研究員   岩佐 浩人

文字サイズ

年金基金がオルタナティブ投資の一貫としてJ-REITに投資する場合、市場が非効率だとすればアクティブ運用を採用することになるが、これまでのアクティブ運用のパフォーマンスを検証すると、多くのファンドが超過リターンを効率よく獲得していることが分かる。しかし、定量評価に加えてマネージャーのスキルや運用プロセスといった定性評価も重要であり、今後の課題である。

69_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

岩佐 浩人 (いわさ ひろと)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【JREITのアクティブ運用のパフォーマンス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

JREITのアクティブ運用のパフォーマンスのレポート Topへ