2006年03月25日

「人口減少」で読み解く時代

社会研究部 主任研究員   土堤内 昭雄

文字サイズ

「人口減少」というと否定的なイメージがつきまとうが、今、求められているのは急激な人口変動を抑制し、人口減少がもたらす社会経済環境の変化に対して適切な社会経済システムをつくることだ。
人口減少社会が活力を維持するためには、一人ひとりが年齢や性別にかかわらず自分の能力を発揮し、市民が大きな政府に頼らずに自らが主体となる自律した市民社会をつくり、地域に根ざした暮らしをすることが重要だ。
ここでは人口減少時代を豊かに生きていくために必要な「まちづくり」「社会づくり」「人生づくり」に関する3つの提案を行う。

60_ext_01_0.jpg

社会研究部   主任研究員

土堤内 昭雄 (どてうち あきお)

研究・専門分野
少子高齢化・家族、市民社会・NPO、都市・地域計画

レポート

アクセスランキング

【「人口減少」で読み解く時代】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「人口減少」で読み解く時代のレポート Topへ