2005年09月25日

中高年パネル調査の概要

文字サイズ

1.
中高年パネル調査について
「中高年パネル調査(暮らしと生活設計に関する調査)」は、高齢社会の主役となる中高年のライフコースに焦点を絞り、その変動を明らかにすることによって、高齢社会におけるさまざまな社会基盤のあり方を模索するための材料を得ることを目的として実施している。
1997年(平成9年)を第1回調査とし、調査対象の中高年のそれまでのライフコースを回想法によって明らかにし、同一の回答者を2年毎に追跡して調査している。
現時点で、1997年(平成9年)、1999年(平成11年)、2001年(平成13年)、2003年(平成15年)の4時点の調査が終了しており、本年は第5回目の調査を予定している。本号では、第4回調査までの回答結果を分析対象としている。
2.調査対象について
本調査は、1933年(昭和8年)から1947年(昭和22年)生まれの全国に住む男性を対象としている。すなわち、調査開始時点の1997年に50~64歳だった方が対象である(図表-1)。
本調査では、全国の地域ブロックの中から調査地点を無作為に抽出し、地点内に居住する対象者から条件に該当する人を抽出するエリアサンプリング法によって対象者を抽出した。住民基本台帳からの無作為抽出方法は、無作為性を担保する方法としては適切であるが、民間事業者が住民基本台帳を閲覧することに制限がある地域も多いことから、今回は当該方法を採用した。
調査対象の地域ブロックは次の通りである。各地点の抽出割合は、人口構成に準拠した。調査対象の抽出割合は図表-2に示すとおりである。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【中高年パネル調査の概要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中高年パネル調査の概要のレポート Topへ