2005年06月01日

低下傾向が続くJ-REITの不動産投資利回り

金融研究部 不動産市場調査室長   竹内 一雅

文字サイズ

J-REITの活況にともない、一部では、不動産投資はバブルに近づいているという認識も生まれ始めている。そこで、J-REITの開示情報をもとに投資利回りを分析すると、NOI利回りは低下傾向にあり、東京都心部では5%を下回る水準となっていることが明らかとなった。

このレポートの関連カテゴリ

68_ext_01_0.jpg

金融研究部   不動産市場調査室長

竹内 一雅 (たけうち かずまさ)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【低下傾向が続くJ-REITの不動産投資利回り】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

低下傾向が続くJ-REITの不動産投資利回りのレポート Topへ