2005年05月19日

求められる不動産価格の妥当性検証の仕組み -J-REIT,私募ファンド市場の健全な成長のために

  松村 徹

REIT(リート) アセットアロケーション などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■見出し

・利益相反リスクをはらむ私募ファンドの出口戦略
・不動産価格の妥当性検証のために

■introduction

J-REITとともに不動産投資市場の主役となっている私募ファンドは、不動産利回りと借入金利のイールドギャップを利用してレバレッジを効かせ、不動産価値を高めて第三者に売却し、J-REITより高い投資利回りを狙う仕組みである。通常、私募ファンドの運用会社は、稼働率改善や管理コスト削減でキャッシュフローを増加させ、当該物件を優良化(リスクプレミアムは低下)することで不動産価値を高めるが、最近は、投資市場における価格上昇の追い風も受けている(図表-1、2)。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

松村 徹

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【求められる不動産価格の妥当性検証の仕組み -J-REIT,私募ファンド市場の健全な成長のために】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

求められる不動産価格の妥当性検証の仕組み -J-REIT,私募ファンド市場の健全な成長のためにのレポート Topへ