2004年11月25日

東京のオフィス市場動向

  不動産投資分析T

文字サイズ

東京の賃貸オフィス市場は、「2003年問題」を乗り越えて悲観論は極めて少なくなったものの、賃料下落が止まっていないことなどから、市場の先行きには慎重な見方が多い。
ただし、市場は階層構造となっているため、エリアや規模などでセグメントして市場を見ないと市況判断を誤る可能性がある。
不動産投資市場についてはバブルに近づくという見方が多く、賃貸市場との温度差がある。

このレポートの関連カテゴリ

不動産投資分析T

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【東京のオフィス市場動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京のオフィス市場動向のレポート Topへ