2004年10月01日

保険料固定方式導入で高まった積立金運用の重要性

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   北村 智紀

年金制度 公的年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

今回の厚生年金改革の最大の特徴である保険料固定方式では、これまでの給付水準維持方式と違って、保険料を調整して運用リスクをカバーすることが難しい。積立金の運用戦略の違いにより、所得代替率や積立度合は大きな影響をうける。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
67_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

北村 智紀 (きたむら ともき)

研究・専門分野
年金運用・リスク管理、公的年金

レポート

アクセスランキング

【保険料固定方式導入で高まった積立金運用の重要性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険料固定方式導入で高まった積立金運用の重要性のレポート Topへ