2004年09月25日

介護保険制度のセーフティネットを担う要介護高齢者

  阿部 崇

文字サイズ

■目次

1.制度見直しの主要項目
2.新予防給付の中身
3.介護給付が支えるもの
4.セーフティネットの逆転

■introduction

2006年4月施行に向け介護保険制度見直し(制度改正)の準備が着々と進められている。2004年8月に公表された制度見直しの主要項目は、下記の通りである。

介護保険制度見直しに関する意見(抜粋)
2 制度見直しの具体的内容

I 給付の効率化・重点化
1.総合的な介護予防システムの確立
2.施設給付の見直し など
II 新たなサービス体系の確立
1.地域密着型サービスの創設
2.居住系サービスの体系的見直し など
III サービスの質の確保・向上
1.ケアマネジメントの体系的見直し
2.地域包括支援センター(仮称)の整備 など
IV 負担の在り方の見直し
1.1号保険料の在り方
2.2号保険料・納付金の在り方 など
V 制度運営の見直し
1.保険者機能の強化 など
VI 見直しの進め方

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【介護保険制度のセーフティネットを担う要介護高齢者】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

介護保険制度のセーフティネットを担う要介護高齢者のレポート Topへ