2004年05月01日

米国の投資信託の不正取引と401(k)制度の受託者責任

  土浪 修

文字サイズ

米国労働省は、投資信託の不正取引の摘発を踏まえて、投資信託を保有する401(k)制度の事業主の対応指針を示した。それによると、保有する投資信託が当局の捜査対象となった場合でも、「パニック的な切り捨て」をしてはならず、投資に対する経済的影響、不正再発防止策を含む十分な情報を収集した上で、思慮深く決定し、文書化するといった手続が肝要である。

このレポートの関連カテゴリ

土浪 修

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国の投資信託の不正取引と401(k)制度の受託者責任】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国の投資信託の不正取引と401(k)制度の受託者責任のレポート Topへ