2004年04月25日

雇用・賃金体系の見直しを進める日本企業

  小本 恵照

企業経営・産業政策 雇用・人事管理 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

今年2月に実施したニッセイ景況アンケートによると、今後従業員数を増やす企業では約6割の企業が若年層の中途採用を考えていることが明らかとなった。
従業員の高齢化については、全体の7割の企業に影響が出ており、その内の約6割の企業が賃金体系の見直しを実施している。
また、賃金に占める「年齢・勤続年数」の要素の撤廃という年功型賃金の見直しが進んでおり、3社のうち2社が女性雇用拡大のために何らかの施策を講じていることも判明した。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

小本 恵照

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【雇用・賃金体系の見直しを進める日本企業】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・賃金体系の見直しを進める日本企業のレポート Topへ