2004年03月12日

大規模介入が支える景気回復~二次QE後経済見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<2003年度2.9%、2004年度は2.2%成長>
  1. 10-12月期GDP(二次速報)は一次速報から0.1%の下方修正となったが、この原因となった在庫の減少は、好調な出荷に支えられたものであり、景気回復速度の速さを示すものである。
  2. 2003年は約20兆円、2004年に入ってからは2ヶ月間だけで10兆円もの介入が実施され、円は110円台に下落した。介入に国内の制約はないが、大統領選挙を控えた米国やユーロ高の影響が見られる欧州からの批判がいずれ高まり、限界を迎えるだろう。
  3. 3月10日発表の10-12月期GDP第二次速報をもとに、2月24日発表の2004年度改定経済見通しを微修正した。2003年度の実質成長率は2.9%、名目成長率は0.3%と見込まれる。2004年度は実質成長率は2.2%、名目成長率は0.1%となるだろう。
36315_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【大規模介入が支える景気回復~二次QE後経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

大規模介入が支える景気回復~二次QE後経済見通しのレポート Topへ