2004年02月25日

成年後見制度が担う“自分らしい”QOL

  阿部 崇

文字サイズ

2000年4月、成年後見制度がスタートした。痴呆等の理由で判断能力が不十分になった人の意思決定を補充し、権利と利益を擁護する制度である。
成年後見といえば、とかく「財産管理」面が強調されるが、その本質的機能は、意思決定の支援、すなわち「身上監護」にある。
QOLは疾病の治癒や身体機能の補完のみで実現することはできない。“自分らしい”QOLのため、成年後見制度の幅広い普及、利用が望まれる。

阿部 崇

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【成年後見制度が担う“自分らしい”QOL】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

成年後見制度が担う“自分らしい”QOLのレポート Topへ