2004年02月01日

住宅ローン担保証券(RMBS)価格の金利感応度分析

  志立 正弘

文字サイズ

住宅ローン担保証券(RMBS)価格の金利感応度は一般の債券と異なる特性を持っており、投資に際してはその注意深い分析が必要である。その点で、昨年末より住宅金融公庫が開示を始めたデータは、投資家の分析精度向上に大いに役立つだろう。

このレポートの関連カテゴリ

志立 正弘

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【住宅ローン担保証券(RMBS)価格の金利感応度分析】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

住宅ローン担保証券(RMBS)価格の金利感応度分析のレポート Topへ