2004年01月16日

高まる円高圧力~景気を左右する要因に

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<政府経済見通し・予算:不十分に終わった年金改革>
  1. 米国の大幅な経常収支赤字を背景にユーロは昨年初以来大幅に上昇しているが、政府の大規模な円売介入によって円高は相対的に抑制されてきた。しかし大規模介入をいつまでも続けることは困難で、円高が進む恐れが大きい。為替動向は政府経済見通しのように景気が回復力を増していくかどうかを左右する要因になるだろう。
  2. 2004年度予算では、年金制度改革が焦点となった。年金制度改革は、給付水準の下限と保険料率の上限の両方を設定したことで、不完全なものに終わった。抜本的な年金制度改革のためには、介護・医療などの社会保障や税負担も含めた国民負担全体の議論が必要である。
36280_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【高まる円高圧力~景気を左右する要因に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高まる円高圧力~景気を左右する要因にのレポート Topへ