2003年06月13日

縮小を続ける経済活動~二次QE後見通し

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<深刻な名目GDPの縮小:2003年度は0.3%成長>
  • 2002年度の実質成長率は1.5%となったが、名目成長率は依然としてマイナスが続いている。不良債権問題の根底にある過剰債務問題を解消するためには、名目GDPの拡大が必要である。
  • 名目GDPには帰属家賃など経済活動に連動しない部分があり、これを修正すれば伸びは平均0.4%ポイント低下するので実態はより深刻である。家計貯蓄率の急落は利子所得の動きが主因だが、金融資産の蓄積不足は、将来的に消費の足枷となる恐れもある。
  • 6月11日発表のGDP第二次速報(二次QE)をもとに、5月に発表した2003年度改定経済見通しを微修正した。景気の現状や先行きの見方に変更はなく、2003年度の見通しは実質経済成長率0.3%、名目成長率は▲1.5%である。
36149_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【縮小を続ける経済活動~二次QE後見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

縮小を続ける経済活動~二次QE後見通しのレポート Topへ