2003年02月25日

株式公開企業の「突然倒産」

  志立 正弘

文字サイズ

■目次

1. 増加する株式公開企業の倒産
2. 投資家は、倒産リスクにより注意を払い、「突然倒産」割合が減少
3.しかし、「極めて突然な」倒産が再発生

■introduction

株式公開(=上場・店頭公開)企業の倒産が増加している。1997年以後、高水準が続いており、2002年には29件に急増した。
企業が倒産した場合、残った財産に対する株主の請求権は最も劣位で、株式はほぼ無価値になるため、それを保有していた投資家は大きな損失を被る。この「倒産リスク」を避けるには、倒産企業の株式を事前に予測し、売却しておく必要がある。より確実にリスクを避けるには、予測精度を高めたり、機会損失は覚悟の上で、若干でも危なそうな銘柄は売却しておくような方針をとらねばならない。
それでは、株式公開企業の倒産が増加傾向にある中、投資家の倒産リスクへの意識はどのように変化してきたのだろうか?

このレポートの関連カテゴリ

志立 正弘

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【株式公開企業の「突然倒産」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式公開企業の「突然倒産」のレポート Topへ