2003年02月20日

2003年度改定経済見通し:拡大するデフレの矛盾

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

  1. 2002年初めころからの景気回復の動きは足踏み状態にある。2003年度の経済成長率は実質0.4%となるが、物価の下落基調が続き、名目成長率は▲1.2%と3年連続のマイナス成長となるだろう。 2002年度は実質では1.6%成長とマイナスを脱するが、名目では▲0.5%のマイナス成長を見込む。
  1. 原油価格の上昇が国内の物価を押上げることや、消費税率の引き上げにより日本経済が低迷を脱することはともに期待できない。今後日銀が量的金融緩和手段の多様化を図る可能性があるが、政府がデフレ脱却を金融政策にだけ依存している状況では、物価の下落を止めることは難しいだろう。
36085_ext_15_1.jpg
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【2003年度改定経済見通し:拡大するデフレの矛盾】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2003年度改定経済見通し:拡大するデフレの矛盾のレポート Topへ