2002年12月25日

製販分離時代の金融商品購入プロセス

  栗林 敦子

文字サイズ

金融商品選択プロセスで消費者を分類すると、金融意識・行動が消極的な、金融商品を選ぶ前に金融機関を決めるグループと、金融意識・行動が積極的な、金融機関にはこだわらないで金融商品を決めるグループとに分けられる。
この2グループの金融ニーズには著しい違いが存在する。金融商品の製販分離が進む中で、金融機関の「信用」を重視しながら、金融商品の購入プロセスに配慮したマーケティングが求められる。

このレポートの関連カテゴリ

栗林 敦子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【製販分離時代の金融商品購入プロセス】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

製販分離時代の金融商品購入プロセスのレポート Topへ