2002年11月25日

男性の育児休業取得率は上昇するか

  坂本 有芳

文字サイズ

現在、日本の男性の育児休業取得率は極めて低い。
厚生労働省は夫婦の出生力低下という新たな少子化傾向への対策として、男性の育児休業取得率をここ3年程度で10%にするという数値目標を発表した。
男性の育児休業取得率は上昇するのか、そもそも取得率が極めて低い原因は何かについてアンケート結果より検討を行った。

坂本 有芳

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【男性の育児休業取得率は上昇するか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

男性の育児休業取得率は上昇するかのレポート Topへ