2002年08月25日

就業形態別にみた福利厚生

生活研究部 主任研究員   松浦 民恵

文字サイズ

ここ数年、正社員から非正社員への代替が加速している。
本稿では就業形態別の福利厚生に焦点をあて、特に非正社員の福利厚生のあり方について考察した。
個別企業の企業福祉再編にあたっては、正社員および非正社員の変化を踏まえ、自社における非正社員の貢献度、必要性を検証しつつ、企業福祉財源の就業形態別配分を考えることが一つのポイントとなるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

38_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

松浦 民恵 (まつうら たみえ)

研究・専門分野
雇用・就労・勤労者生活、少子高齢社会

レポート

アクセスランキング

【就業形態別にみた福利厚生】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

就業形態別にみた福利厚生のレポート Topへ