2002年03月25日

公的年金の資金運用のあり方

  臼杵 政治
  鈴木 陽司

文字サイズ

わが国の公的年金の資金運用については、2004年の年金制度改正にあわせ、そのあり方を見直すとされているが、当面は現行制度のまま運用が継続される。
公的年金の資金運用を考える場合、(1)政治からの独立、(2)専門能力の発揮の2点がポイントであるが、現行制度は問題が皆無とは言えない。
さらに、今後の資産運用のあり方を考えるに当たっては、積立資産の水準、市場性運用の場合のリスク許容度、運用成果に応じた評価・報酬の仕組みの導入など、徹底的な議論が必要である。

このレポートの関連カテゴリ

臼杵 政治

鈴木 陽司

レポート

アクセスランキング

【公的年金の資金運用のあり方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公的年金の資金運用のあり方のレポート Topへ