2001年12月01日

米同時多発テロ前後の株価下落と年金運用

文字サイズ

2001年第3四半期の株式リターンは、歴史的に見ても、大きな下落率を記録した。リスク管理の観点では、政策アセット・ミックス等の運用基本方針を再検討してもいいかもしれない。年金運用に対する「リスク」が高まっていると考えれば、これらの見直しには、単に楽観的な数値を想定し、問題が解決したかのようにするのではなく、本質的な評価が必要であろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米同時多発テロ前後の株価下落と年金運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米同時多発テロ前後の株価下落と年金運用のレポート Topへ