2001年04月13日

雇用のセイフティーネットに公務員試験の改革を

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<日本経済>

  1. 3月短観では企業の景況感が大幅に悪化し、2月の景気動向指数が景気の改善と悪化の境とされる50を大きく割るなど最近の経済指標は悪化しており、景気の悪化が確認された。
  2. 1-3月期の消費には家電リサイクル法の好影響なども考えられるが、雇用の改善基調は崩れており、今後の先行きには懸念がある。

<今週の焦点:構造改革を進めるためのセイフティーネット>

  1. 3月には日銀が量的金融緩和に踏み切り、4月に入って政府は緊急経済対策で不良債権など構造改革に取組む姿勢を示した。
  2. 構造改革を進めるためには、セイフティーネットの整備が必要である。とりわけ雇用の流動化を加速させる必要があり、このために公務員試験の年齢制限撤廃など国が率先して雇用システムを改革すべきである。
42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【雇用のセイフティーネットに公務員試験の改革を】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用のセイフティーネットに公務員試験の改革をのレポート Topへ