2001年02月01日

債券投資戦略とフォワード・レート

文字サイズ

年金運用では、仮に金利上昇が予測できたとしても、単純なデュレーション短期化戦略を採用することは必ずしも有利ではないだろう。負債サイドを考慮したALM 分析の観点のほかにも、デュレーション短期化戦略そのもののプラス面、マイナス面も検討する必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【債券投資戦略とフォワード・レート】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

債券投資戦略とフォワード・レートのレポート Topへ