2001年01月25日

企業年金法における受託者責任規制の在り方

  土浪 修

企業年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

企業年金には、(1)賃金の後払い(給付設計)、(2)支払原資の社外積立、(3)積立金の管理・運用、という三つの機能があるが、受託者責任は、「他人のための資産運用」である(3)において問題となる。
この点をふまえて、厚生年金基金や適格年金の現状を整理し、制定が見込まれる企業年金法における受託者責任の規制の在り方を検討する。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

土浪 修

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業年金法における受託者責任規制の在り方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業年金法における受託者責任規制の在り方のレポート Topへ