2001年01月19日

米国経済:FRBの金融政策転換モデル

  山田 剛史

文字サイズ

<今週の焦点>

  1. FRB(連邦準備理事会)は、1/3の緊急FOMC(公開市場委員会)で、FF レートの0.5%利下げを実施した。従来のインフレ懸念よりも景気後退(リセッション)に対するリスクが高まったため、金融緩和への政策転換を図ったと考えられる。
  2. グリーンスパンFRB議長は、金融政策の目標をマネーサプライよりも景気の安定化に置き、実体経済に応じて機動的な政策対応を図ってきた。議長の政策スタンスをモデルにより分析し、金融政策の転換点を予測すると、12月に0.5%利下げ実施のサインが点灯しており、今回の緊急利下げを裏付けている。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済:FRBの金融政策転換モデル】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済:FRBの金融政策転換モデルのレポート Topへ