2001年01月01日

米国経済統計ウォッチ

  山田 剛史

文字サイズ

■intrduction

米国経済は家計・企業部門ともに、景気の減速傾向が現れている。雇用は鈍化傾向にあり、小売売上高の伸びは低下している。生産も減少し、在庫率が高まっている。一方でインフレ率は安定し、原油価格にも低下の兆しがみられる。
FRB(連邦準備理事会)は12/19のFOMC(公開市場委員会)で、金融政策をインフレ警戒型から中立姿勢を超えて景気重視型に変更した。株価下落や景気減速へのリスクを強めており、今後は利下げの時期を探るとみられる。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済統計ウォッチ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済統計ウォッチのレポート Topへ