2000年12月25日

短期金融市場の現状と課題

  上田 泰三

文字サイズ

近年、金融システム不安、ゼロ金利政策、西暦2000年問題など短期金融市場が立て続けに異常な経験をしてきた結果、様々な課題が明らかになってきた。
特に、決済リスクの軽減は喫緊の課題であり、2001年1月からのRTGS(即時グロス決済)化に続き、債券・株式決済の短縮化への準備が進められている。

このレポートの関連カテゴリ

上田 泰三

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【短期金融市場の現状と課題】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

短期金融市場の現状と課題のレポート Topへ