2000年11月01日

米国経済統計ウォッチ

  山田 剛史

文字サイズ

■intrduction

米国経済は一部に減速の兆しがみられるものの、依然潜在成長率を上回る伸びを続けている。雇用のひっ迫を背景に消費活動は旺盛である。企業は景況感に鈍化の兆しがあるが設備投資は高い伸びを続けている。内需の強さと原油価格の上昇にもかかわらず、生産性の向上によりインフレは落ち着いている。IT革命の海外での波及に伴い、輸出は増加傾向にあり、貿易赤字の改善に寄与している。金融市場は収益が予想を下回ったことから株価が下落しているが、景気の現状から判断すると、大きな調整はないと考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

山田 剛史

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国経済統計ウォッチ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済統計ウォッチのレポート Topへ