2000年10月25日

企業の収益率は上昇トレンドにのったか

  日向 雄士

文字サイズ

2000年度の企業の経常利益は、前年度に続き2年連続の2桁増となる可能性が高く、企業の経常利益額は過去と遜色のない水準まで回復している。
しかし、企業の収益性は、前回の景気回復局面に並んだものの80年代と比べると依然として低い。
今回と前回とでは収益性上昇の要因が異なるが、この違いの分析から、企業の収益性が90年以降の低下基調から緩やかながらも反転上昇に向かう可能性が考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

日向 雄士

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業の収益率は上昇トレンドにのったか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業の収益率は上昇トレンドにのったかのレポート Topへ