2000年09月01日

IT関連主導の設備投資回復に死角はないか

  岡田 章昌

文字サイズ

<今週の焦点:IT関連主導の設備投資回復に死角はないか>

  1. 1999 年度後半以降、電気機械・通信の2大IT関連業種主導で設備投資は回復してきている。しかし、最近の機械受注では「電気機械を除く製造業」の伸びが顕著である。回復の動きがIT関連業種以外に広がっていることは、年度下期の設備投資の伸びが期待できることを示唆している。
  2. 一方、設備投資の回復が必ずしもIT関連投資によるものではないことは、消費の回復が遅れたり外需の悪化があれば、過剰設備問題が再発する恐れのあることを意味している。

<ニッセイ基礎研インデックス:自動車販売動向気になるも景気の増勢は増加維持>

  • 8月のフラッシュは前月比0.6%。7-9月期も0.5%とプラスの伸びを維持する見込み。

このレポートの関連カテゴリ

岡田 章昌

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【IT関連主導の設備投資回復に死角はないか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

IT関連主導の設備投資回復に死角はないかのレポート Topへ