2000年04月14日

補正予算論議に足りない正確な情報

経済研究部 専務理事   櫨(はじ) 浩一

文字サイズ

<今週の焦点:補正予算なしで景気は大丈夫か?>

  1. 日銀短観などに示されたとおり、設備投資は企業収益の改善を背景に回復軌道に入った。しかも、回復ペースは過去の景気回復期並みと、設備投資の景気牽引役は期待できる。
  2. 政府は今年度の経済見通しで公共事業量が前年度比で増加するとしているが、過去の政府経済見通しの公共事業量は実績と大きな乖離がある。
  3. 補正予算が必要かどうかの判断には、2000 年度の公共事業量についての正確な情報が必要だ。政府は正確な情報を収集・発表し、それを元に議論をすべきである。

このレポートの関連カテゴリ

42_ext_01_0.jpg

経済研究部   専務理事

櫨(はじ) 浩一 (はじ こういち)

研究・専門分野
マクロ経済・経済政策

レポート

アクセスランキング

【補正予算論議に足りない正確な情報】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

補正予算論議に足りない正確な情報のレポート Topへ