2000年03月25日

諸外国の公営生命保険民営化の潮流

  天野 佳子

文字サイズ

わが国の国営保険である簡易保険は、その資金量110兆円を超える世界最大の生命保険事業体である。
しかし、世界に目を転じると、生命保険制度が十分に普及している諸国では、公営による生命保険事業は存在しないか、最低保障の提供を旨とする小規模運営に徹していることが多い。
また生保普及時点に公営保険が多大な貢献を行った国においては、公営保険を民営化し、競争条件を公平にする流れがある。

このレポートの関連カテゴリ

天野 佳子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【諸外国の公営生命保険民営化の潮流】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

諸外国の公営生命保険民営化の潮流のレポート Topへ