2000年03月25日

雇用流動化時代を担う人材紹介業

  吉久 雄司

文字サイズ

ホワイトカラーの転職を仲介する人材紹介業が注目を集めている。
人材紹介業は、求人・求職情報を集めて、求職者のスキルを査定し、企業と求職者をマッチングする役割を果たしているが、まだサービスの質量両面で充分な機能発揮ができていない面もある。
そのため有能なコンサルタントの発掘やインターネットの活用を通じて、コンサルティングサービスの品質を向上させ、社会的信用を高めていく必要がある。

このレポートの関連カテゴリ

吉久 雄司

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【雇用流動化時代を担う人材紹介業】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用流動化時代を担う人材紹介業のレポート Topへ