2000年02月01日

企業財務と年金積立政策

文字サイズ

適格退職年金や厚生年金基金には、節税効果(掛金は損金算入、年金資産運用益は原則非課税)があるので、企業は通常、できるだけ積立を充実させようとするはずである。しかし、負債調達をしてまで積立を進めると、倒産コストが上昇するため、現実にどれだけ積み立てるかは、企業の信用力に大きく左右されるのである。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【企業財務と年金積立政策】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業財務と年金積立政策のレポート Topへ