1999年11月25日

東京の投資用不動産市場動向

  山方 俊彦

文字サイズ

東京の賃貸オフィスビル市場は、景気回復の影響で需要増は期待できるものの、2000年以降の大規模オフィスビルの大量供給で需給バランスが悪化する可能性が高い。
一方、98年9月のSPC法施行前後から、不動産投資商品が相次いでおり、実物不動産以外の投資機会も増加してきた。
東京23区のオフィス市場動向、不動産取引の現状、および最近の不動産投資商品多様化の動きをみる。

このレポートの関連カテゴリ

山方 俊彦

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【東京の投資用不動産市場動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京の投資用不動産市場動向のレポート Topへ