1999年11月01日

導入に動き出した確定拠出型年金(2)

文字サイズ

確定拠出型年金の導入にあたっては、一時金や確定給付型年金からの移行方法が関心を集めている。米国では、A.年金保険を支給する、B.例外的に一時金を支給する、C.引き続き確定給付型年金から支給する、等の方法で過去勤務に対応する部分を処理している。わが国でも、将来分だけでなく、過去分も含めて移行する案が検討されているが、いずれにせよ、過去分の債務評価が大きな問題であることは間違いない。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【導入に動き出した確定拠出型年金(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

導入に動き出した確定拠出型年金(2)のレポート Topへ