1999年09月25日

金融プロフェッショナルの就労観とキャリア

  小豆川 裕子

文字サイズ

最終回の今回は『個人編』の調査結果を紹介する。金融機関の専門人材は、自分の専門性についての自己評価も高く、会社からの評価も高いと認識している。
また、専門性の向上への意欲が高く、収入や処遇よりも仕事そのものにコミットする姿が浮かび上がっている。

このレポートの関連カテゴリ

小豆川 裕子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【金融プロフェッショナルの就労観とキャリア】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融プロフェッショナルの就労観とキャリアのレポート Topへ