1999年09月01日

ベンチマーク連動を狙った先物運用

文字サイズ

機動的にアセット・アロケーションを変更する際には、通常、取引コストや流動性を考慮して、現物の代わりに先物を利用することが多い。現物による売買執行と同じパフォーマンスが得られるはずであるが、実際には、先物運用からトラッキング・エラーが発生するため、基金及び運用機関独自の工夫が必要になろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【ベンチマーク連動を狙った先物運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ベンチマーク連動を狙った先物運用のレポート Topへ