1999年08月01日

株式現物拠出の条件と効果(下)

文字サイズ

信託方式による現物拠出は、企業が株式持ち合いを維持できても、株主や一般債権者(格付け)にはメリットがない。メリットは、一時金の支払保全措置として、従業員の安心感が高まる点にある。適格退職年金をも含め、退職金の支払準備に対して、どのような条件で税制優遇措置を認めるかを、再検討する契機ともなるだろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【株式現物拠出の条件と効果(下)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式現物拠出の条件と効果(下)のレポート Topへ