1999年07月01日

株式現物拠出の条件と効果(上)

文字サイズ

退職給付に関する新会計基準が2000年度から導入されるのに備え、企業が保有する現物株を拠出できるようなスキームについての検討が進んでいる。二つの方式の中で、株式持ち合いの実質を維持しつつ拠出できるため注目が高まっているのが、「信託方式」である。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【株式現物拠出の条件と効果(上)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式現物拠出の条件と効果(上)のレポート Topへ