1999年06月25日

デジタル化時代に求められる放送規制

  吉久 雄司

文字サイズ

放送産業はデジタル放送への本格移行を目前に控えており、規制体系の見直しが不可欠となっている。
新しい規制体系は、放送産業を現在の放送サービスと番組配信に近いサービスに分けて考える必要がある。
そのうち前者は現行の規制の枠組みをほぼ引き継ぎ、後者については規制を原則として撤廃するべきと考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

吉久 雄司

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【デジタル化時代に求められる放送規制】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

デジタル化時代に求められる放送規制のレポート Topへ