1999年05月01日

確定拠出型年金は打ち出の小槌か

文字サイズ

わが国での確定拠出型年金導入の動きが、いよいよ具体化しつつある。6月までには、政府による成案が得られるだろう。しかし、それにより、現在の確定給付型年金の問題が、全て解決するわけではない。その限界を理解した上で、どのように導入するのか、企業としても検討を始めるタイミングが来たといえる。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【確定拠出型年金は打ち出の小槌か】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

確定拠出型年金は打ち出の小槌かのレポート Topへ