1999年02月25日

経営改革を迫られる総合電機

社会研究部 准主任研究員   青山 正治

文字サイズ

日本の基幹産業の一角を占める総合電機大手2社が、今春から本格的な社内分社化を開始する。
この背景には組織や事業規模の巨大化による経営効率の低下、国際的な市場競争激化への対応不足、半導体メモリーの大幅な赤字などがある。
その解決策でもある分社化は、その後の課題も多く、新たな経営システムの構築が注目されよう。

このレポートの関連カテゴリ

62_ext_01_0.jpg

社会研究部   准主任研究員

青山 正治 (あおやま まさはる)

研究・専門分野
少子高齢社会・社会保障

レポート

アクセスランキング

【経営改革を迫られる総合電機】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経営改革を迫られる総合電機のレポート Topへ