1998年12月25日

企業の雇用姿勢変化への対応を急ぐ人材派遣業

  野々山 尚子

文字サイズ

労働者派遣法施行から10数年、人材派遣業は著しく成長し、新たな労働力供給システムとして社会に定着してきた。
景気に応じた雇用調整弁としての役割を確立した人材派遣業は、来年予定される派遣対象業務の原則自由化により、さらなる市場拡大と競争激化に向けての対応を迫られている。

野々山 尚子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【企業の雇用姿勢変化への対応を急ぐ人材派遣業】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

企業の雇用姿勢変化への対応を急ぐ人材派遣業のレポート Topへ