1998年11月01日

日本紡績業基金判決と受託者責任

文字サイズ

財政悪化のために解散した日本紡績業基金の加入企業が、基金の理事長等に損害賠償を求めていた裁判で、大阪地裁は、去る6月、理事長等の行動が適切であったか否かの判断に立ち入ることなく、いわば門前払いの形で訴えを退けた(原告が控訴せず、判決は確定)。この判決を材料に、基金関係者の受託者責任の現状と課題を考えてみよう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【日本紡績業基金判決と受託者責任】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本紡績業基金判決と受託者責任のレポート Topへ