1997年01月01日

インフレ連動債と企業年金の将来像

文字サイズ

先頃、厚生年金基金連合会から「企業年金の将来像」が発表された。2020年を目途に厚生年金基金と税制適格年金を統合した「企業年金法」を制定し、退職一時金を縮減する一方で、報酬比例の厚生年金はできるだけ企業年金に移行させる、という大胆な提言が盛り込まれている。
また、代行制度について、国際的な潮流(公的年金の民営化)から見ても妥当であり、積極的に推進すべき、と述べている。しかし、現在の代行制度は、スライド・再評価の部分を代行せず、いかにも不自然な形になっている。
そこで注目されるのが、この1月に米国が発行するインフレ連動国債である。代行給付の掛け金をインフレ連動債で運用すれば、スライド・再評価を含めた完全代行が可能になるのである。欧米の経験からは、ディスインフレの時代に、このような債券は歓迎されないと思われるが、将来、完全代行の実現に最適な商品として脚光を浴びる可能性があろう。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【インフレ連動債と企業年金の将来像】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インフレ連動債と企業年金の将来像のレポート Topへ