1994年12月01日

経済の動き

文字サイズ

I.海外経済

  1. 米国経済~年内の景気は強め、一段の政策金利の引き上げへ
    (1)景気全般~高めのベースでの拡大基調が続く
    (2)物価動向~物価は要警戒、年末にかけて緩やかな上昇
    (3)金融政策~年内、一段の政策金利引き上げへ
  2. イギリス経済~景気加速に一服感
    (1)景気~外需主導から設備投資主義の成長へ
    (2)物価~労働コスト低下を受け安定推移
    (3)金融・為替~利上げを好感して債券・為替とも堅調推移

II.日本経済

  1. 当面の日本経済の動向~景気は趨勢的には改善傾向
    (1)最近の景気指標~良い、ないし改善傾向の指標が増加,br> (2)実質GDP成長率は今後もジグザグ型で推移
  2. 企業収益見通し~製造業主導での緩やかな回復
    (1)94年度の企業収益は微増益
    (2)95年度の企業収益は10%程度の増益
  3. 95年度の設備投資~緩やかな回復方向へ
    (1)機械受注、民間建設工事受注とも下げ止まり傾向
    (2)主要機関の設備投資計画調査では慎重姿勢が続く
  4. 貿易収支の動向~94年度中、黒字は横ばい圏
    (1)貿易黒字の推移
    (2)対米黒字の推移
  5. 金融

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ